育て!ヤシロネズミの星 #3

The Sims 4
スポンサーリンク

藤崎「うちの姫に盗聴器を仕掛けようとした目的は何だ?素直に白状すれば許してやらんでもないぞ」
部下ズ「……。」

新栄「いや、目的なんてそんな大したアレじゃないですホントに!」
銀水「わしらまだ新米忍者じゃから、ヤシロネズミ社の!」
甘木「研修で盗聴の練習してただけなんすよ!」

薬院「ヤシロネズミって……」
平尾「思いっきりうちの競合相手なんだが」
藤崎「やっぱりお前たちをこのまま帰す訳にはいかないな」
部下ズ「素直に吐いたのに!?」

澄世「ねえ、もうこの辺でやめにしましょうよ。
盗聴のターゲットに私を選んだのはただの偶然みたいだから」
藤崎「姫」

澄世「それに盗聴器に気付かなかった私も悪いんだし……
ただの陽気な人たちだと思って油断したからいけなかったのよ。
忍サーのリーダーとしてあるまじき失態だわ……」

新栄「盗聴しようとした俺たちを庇ってくれてる……!」
銀水「何て優しい娘さんじゃあ……!」
甘木「世の中にこんな天使みたいな人がいるなんて……!」

藤崎「そうですね、今後は素性の分からない他人を簡単に信用しないことです」

藤崎「まあでもそれはそれとして……
この盗聴犯たちは捕まえてもっと詳しく取り調べる必要がありそうです」
新栄「Σええっ、ちょっと!?」

忍者ズ「ほら、おとなしく一緒に来るんだ!」
部下ズ「助けてーっ!!💦」

不知火(まったく、やけに帰りが遅いと思ったらこんなとこにいたのか……)

不知火「とう!」

しゅたっ!

部下ズ「小頭~!」
忍者ズ「何者だ!?」

不知火「俺はヤシロネズミ社の不知火という者だ」

平尾(し、不知火…だと…!?)
薬院(カッコイイコードネーム!!)
高宮(正直ちょっと羨ましい……)

※ヤシロネズミの忍者は全員コードネーム

甘木「助けに来てくれたんっすね!」
銀水「信じてたぞい!」
新栄「これでもう怖いものなしだぜ!」

不知火「このバカ!!何やってんだ!心配かけやがって!」
部下ズ「す、すみません(心配してくれてたんだ)」
不知火「盗聴器はどうした!ちゃんと仕掛けてきたのか!?」

甘木「仕掛けようとしたんすけど」
新栄「そいつらに邪魔されて……」
不知火「何?どこに仕掛けようとしたんだ?」
銀水「そこの女の子じゃぞい」

不知火「女の子?」
澄世「あっ私、ネコジャラカンパニーの黒田澄世といいます」
不知火「あっどうも……」

不知火「…って、あのなぁ!俺は研究所の情報を集めろと言ったのに!
何でこんな見るからに関係なさそーなお嬢さんに盗聴器仕掛けようとしてんだよ!?」
新栄「い、いやその……」
甘木「そういや言ってたっすよね、そんなこと」

新栄「初めて手にした盗聴器に興奮して忘れてました」
不知火「アホ!!!」

藤崎「何か向こうの組織も色々大変そうですね」
澄世「そうね」

不知火「何か本当に……迷惑かけてすまなかった……」

不知火「こいつらはまだ忍者になって日が浅い。
今回のことは大目に見てくれないだろうか」
部下ズ「ごめんなさい」
澄世「いえ、私は別に……」

澄世「ねえ、わざわざ上の人が出て来て謝ってるんだから、もう許してあげましょうよ」
藤崎「まあ姫がそうおっしゃるなら……本当はダメなんですけど」

部下ズ(天使かな?)
不知火「恩に着る。それじゃ俺たちはこれで」
澄世「あ、待ってください!」

澄世「良かったら連絡先交換しませんか!?」
忍者ズ「!?!?」

薬院「ダメですよそんなヤツに連絡先渡したら!!」
高宮「さっき藤崎に怒られたばかりですよ!?」
澄世「でもまたこんなトラブルが起きた時の為に、責任者同士で連絡とれた方が良いと思うんですが……」

澄世「ダメですか……?」
不知火「いや、俺は別に……」

澄世「ねえ藤崎、良いでしょ?」
藤崎「お任せします」

薬院「おいおいおい!!」
高宮「止めないとまずいんじゃない!?」
藤崎「姫が自分から男に連絡先を聞くなんてそうそうないことだぞ。きっと何か深い理由があるに違いない」
平尾「そうかぁ?何か嫌な予感しかしないんだけど……」

藤崎「携帯のアドレスくらい問題ないだろう」

澄世「……。」

不知火「……何だ」
澄世「あっ、いえ……何だか前にお会いしたことがあるような気がして」

不知火「さあ……覚えてないな」
澄世「そうですか……」

新栄「良いな~、俺も澄ちゃんの連絡先知りたいな~」
不知火「馬鹿なこと言ってないで、もうアジトに戻るぞ。まだやることは山ほど残ってるんだ」

不知火「さらばだ、黒田澄世」
澄世「はい」

\ しゅたたた /

部下ズ「Σああっ、待ってください小頭ー!!」

ピピピ……ピピピ……

不知火「……ん?メール……誰だ?」

不知火(昼間の小娘……

“ネコジャラカンパニーの黒田です。今日はお会い出来て嬉しかったです。
不知火さんとはライバル社に属する者同士、お互い刺激し合える良い関係を築いていけたらと考えています。
またお目にかかれるのを楽しみにしています。
“……)

不知火(やけに馴れ馴れしいが俺を油断させるための罠か?
……まあ適当に返信しとけば良いか)
部下ズ「研修レポート終わりました~」
不知火「ああ、お疲れさん。もう休んで良いぞ」

プルルルル!

不知火「!!!!」ビクッ

不知火「はい、不知火です……お疲れ様です、社長」

不知火「はい……少々トラブル(※)はありましたが新人の研修は順調に……
いえ、研究所の件はまだ……そこまで手が回らなくて」

※過労死&捕まりかける

不知火「……はい、申し訳ありません。迅速に取り掛かります。失礼いたします」

不知火(あーー、さすがに今日は少し疲れたな……)

澄世(返信来ない……)

澄世(忙しいのかしら?それとも怪しまれてるのかしら……)

澄世(うーーん……明日またメールしてみよ)

コメントをどうぞ